2011年11月15日

GenerationX

image_medium.jpg


第四世代のフィギュアには様々なキャラクターやモーフがあり、特に代表的なVictoria4とMichael4の数は膨大です。ぜひGenesisでも使いたいところですが、フィギュアの構造が全然違うのでそのまま流用は出来ません。
そこで「Genesis Generation X」というプラグインで変換すればGenesisでも使えるようになります。

変換できるのはV4M4のモーフとプリセットのみで、使用には「V4 and M4 Shapes for Genesis」が必要になります。
(無くてもインストールできますが、使用時は「V4(M4)のパラメータを1.0にしたGenesis」に変換したモーフを適応する形になりますので、無いと再現できませんね)

----------------------------------------------------

簡単な使い方をメモっておきます。とりあえず私が使えた手順です。

●インストール
GenerationX(GenX)を購入するとシリアルナンバーが送られてきます。
GenXをインストールしてD|Sを立ち上げたら、起動時に出てくるウィンドウの「installed plug-in」の一覧にGenXの名前があるので前述のシリアルを入れます。
※メニューの Help>About installed plugins...からでも出来るみたいです

WindowメニューのTabsで「GenX」を選んでGenerationXのウィンドウを出します。

GenX-Window.jpg


----------------------------------------------------


●変換方法・1

変換したいフィギュアのアイコンを↓の「Transfer」タブ上部の「Morph」のスペースにドラッグします。

GenX-Transfer.jpg
「Transfer」タブ

モーフが読み込まれ、そのフィギュアに入っているモーフのリストが出ますので、その中から変換したいモーフにチェックを入れます。
全部変換するには↓のように、右クリックメニューからAll>Transfer:Onを選ぶと全てにチェックが入ります。

GenX-Transfer2.jpg
Stephanie4を読み込んだところ

右下の「Transfer」が変換実行ボタンです。横のリストから「Selecteed Morphs」を選んで変換!
リストには他にも項目があるので色々細かい設定も出来るっぽい…。

モーフの確認は「Morph」タブでできます。

GenX-Morphs.jpg
「Morph」タブ

左上「GenX」でGenerationXが変換したモーフ、「All」でその他のモーフのリストが表示されます。
削除やバックアップなども出来るみたいです。
モーフファイルはGenesisのモーフフォルダ(Contents/data/DAZ 3D/Genesis/Base/Morphs)の「D3D Gen X」の中に保存されます。


●使ってみる

変換が完了したらシーンにGenesisを読み込みます。
Genesisのモーフはフィギュアと一緒に読み込まれるようですので、変換前に配置したGenesisにはモーフを適応できません。

GenX-Shaping.jpg

ShapeタブのGenerationX以下に変換したモーフ「Stephanie4」が入ってます。ヤッター


----------------------------------------------------


と、順調に進めばこんな感じで簡単なのですが、私の場合は同じStephanie4でも変換できたりできなかったりしました。(たぶん理由場あるんでしょうが分からない!)
そんなときはフィギュアを.cr2形式でエクスポートしてGenXで読み込めば変換できます。


●変換方法・2

変換元となるモーフを適応したフィギュアを用意して、メニューのFile>Export...で .cr2形式を選択し保存します。
保存場所はフィギュアのGeometry(大元となる.objファイル?)と同じライブラリの Runtime>Library>Character 以下にしないとダメみたいです。

GenXのTransferタブ上側の「Load Figure」ボタンを押し、先ほどの.cr2ファイルを指定するとモーフが読み込まれます。
ここからは変換方法・1と同じ手順です。



モーフの変換はこんな感じで大丈夫そうです。たぶん。
モーフを変換しただけでは不十分だったり、モーフの存在しないキャラの場合はプリセットも変換できます。


----------------------------------------------------


●プリセットの変換・1 (.pz2)


プリセットの変換はGenXの「Preset」タブで行います。
※ここで変換できるのはPoserのポーズファイル(.pz2)だけのようです。


モーフの時と同じように、プリセットのアイコンをドラッグ、または「Add pose」ボタンでファイルを指定します。


GenX-Presets.jpg


「Figure」で変換元のフィギュアの種類を、「Preset Folder」で保存先を指定して「Transfer」ボタンを押せば、指定場所にGenesis用のプリセットが保存されます。
※変換元で必要となるモーフもGenesis用に変換されていなければいけません。


----------------------------------------------------



D|S用ポーズファイル(.dsf)は前述の.cr2を使った方法で変換できます。

●プリセットの変換・2(.dsf)

先ほどと同じように変換元となるプリセットを適応したフィギュアを.cr2形式で保存し、GenXのTransferタブの「Load Figure」で読み込みます。
必要な場所をチェックします(たぶん全チェックで大丈夫)


GenX-dsf-1.jpg

「Transfer」ボタン左のメニューから「Change Preset」を選び、Transferボタンを押します。

GenX-dsf-2.jpg

ファイル名を付けて(拡張子.dsfも入れましょう)Accept。これでGenesis用のプリセットが保存されます。
保存先は、私の場合なぜか変換元と別のライブラリの一番上に保存されていました。別にいいけど、なぜ…。



----------------------------------------------------





思ったより長くなった!
よく分かってないので色々間違ってる気がしますが…何となくで手持ちの少ないデータはほぼ変換できました。

フィギュアによって変換精度がいまいちな場合もあるようです。まだ全部よく見てませんが、V4 Male(V4を男にできるモーフ)や貧乳キャラの胸がちょっといびつだったりします。あるものを極端に凹ませるのは苦手みたいです。
posted by はむ at 20:28| Comment(0) | DAZ Studio | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。